必要なスキルとは?

Javaプログラマーは、プログラム言語の「Java」を使って、システムをプログラミングするプログラマーです。

まずコンピュータのソフトウェアが作動するための基盤をプラットフォームと言います。
ソフトウェアは対応するプラットフォームにだけ作動するように開発されています。
プログラム言語のJavaの特徴は、異なる複数のプラットフォームにおいても、同じように作動できることです。

未経験から転職してJavaプログラマーになるためには、どのようなスキルが必要なのでしょうか。
最も大切なのは、Javaの基礎知識をしっかりと学んでおくことです。
Javaの文法などの基礎知識として、「if」「while」「for」などの制御構文を覚えましょう。
他にもオブジェクト指向構文などをしっかりと押さえましょう。
WebアプリケーションをJavaで開発するためには、HTMLなどのITに関する基礎知識も必須です。

プログラム言語は、使っているうちに身に付いていくものです。
本やWebサイトで構文を学んだ後は、実際にプログラムを書いてみることをお勧めします。
また企業の研修を受けることでも身につけることができます。
自分に合った学習方法を選ぶことが大切なため、まずはJavaプログラマーへの道のりを知ることから始めてみましょう。

Javaを開発したOracle社による、「Oracle認定Java資格」という認定試験があります。
Javaをしっかりと学んだ指標として、合格を目指すといいでしょう。
資格を取得していれば、Javaプログラマーとしてのスキルを身に付けている証拠となり、転職の際にしっかりとアピールすることができます。